2009年01月17日

阪神・淡路大震災から14年

阪神・淡路大震災から14年です。

当時は震源地から遠く、事実上被災はしていないのですが、それでも経験したことの無い揺れの大きさと時間でした。

電車が止まっているのでバイクで会社に行き、昼休みのテレビで倒壊した阪神高速を見たときは事実とは思えませんでした。


同じ断層が動く大地震は生きている間に遭うことはないかもしれません。
しかし、いつ動くかわからないだけでなく動けば阪神・淡路大震災をしのぐ被害が想像される上町断層帯地震。
津波の被害がおそろしい南海・東南海地震。
ほかにも生駒断層帯地震など大地震を起こす可能性のある断層帯がいくつもあります。

今書いたのは大阪中心をした視点で書いたもので、これを日本中に広げるととても書ききれるものではありません。

その中の多くは一生出遭うことはないでしょうが、いくつかは必ず私たちを襲ってくることになるといわれています。


戦後最大の被害を出した震災、阪神・淡路大震災当時の災害の様子を残すモニュメントの数は300箇所近くあると聞きます。

それらすべては無理だと思いますが、機会があればそういうところをてくてkめぐってみたいと思います。


阪神・淡路大震災に関するリンク集

posted by てくてく at 15:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 災害 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。