2009年06月30日

しまなみ海道を行けるのか? その5 多々羅大橋は世界一の斜張橋


 大三島橋の次は多々羅大橋。大橋です。
 大三島は名前の通り大きな島なのですが、どちらの橋も島の東端にあります。間は5キロほど。
 というわけで、大三島で有名な 大山祇神社に行ってみよう、ということになりました。
 しかし道を確認してみると……神社へ行くためには標高100メートルほどの峠を越えなければならないようです。
 100メートルの峠道というのもなかなか嫌ですし、今日はできれば向島まで橋を全部渡ってしまいたいと思っています。
 ということで、後ろ髪をひかれながらも、多々羅大橋へと向かいました。


 大三島と生口島とを結ぶ斜張橋で、まっすぐ立てた塔からケーブルをのばした1480メートルは、斜張橋では世界最長になるそうです。


多々羅大橋

 そして、今いる大三島は愛媛県、これから行く生口島は広島県。つまり本州と四国の境になる橋でもあるのです。


多々羅大橋と観音山

 多々羅大橋は、「大橋」というだけあって来島海峡大橋と同じように自転車歩行者と原付を別の道で用意しているので、原付を気にしないで走ることができます。
 途中、端を支える柱の下でで手をたたくと反響する「多々羅鳴き龍」があります。橋を作ったら偶然そういうポイントができたようです。


多々羅大橋の塔とケーブル

 そして走り終えると、坂道を下って下りていかなければなりません。
 それはどの橋も同じですが、生口島は柑橘系の畑の中をらせん状に下りていく気分のいい道です。
 意図的にそういう道を作ったのか偶然なのかはわかりませんが、気分のいいくだりです。

 どの橋もこういう道でくだりだったらいいのにな、と思いながら次の生口を目指すのでした。
posted by てくてく at 11:45| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/122518142
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。