2009年05月25日

しまなみ海道を行けるのか? その1 来島海峡大橋を突破せよ!


 愛媛県にいるということで行かなければならないところの一つに「しまなみ海道」があります。
 いやいや、あくまで個人的なことです。

 もちろん車やバイクではだめです。原付も、です。
 歩くか自転車でなければ意味がありません。
 人力です。

 なぜなら本州と四国をつなぐ橋で唯一、歩いて渡れる橋ですから。


 海道は70キロくらいあるそうです。すべてを歩くとなると、速くて2、3日かかります。観光などせずひたすら歩くだけで。

 ということで自転車。
 あちこち寄り道したいですが、そんな時間もないので、レンタルサイクルの乗り捨てシステム利用して刻んでいこうということになりました。

 いよいよ出発の日。
 最初のレンタルサイクルステーションへ向かいます。

 同じ愛媛県でも滞在してる松山からは特急でも30分かかる今治駅からさらにバスに乗って20分ほど、そして30分ほど歩いてやっとレンタルサイクルのステーションです。

 ステーションはサンライズ糸山。来島海峡大橋のすぐ近くにあります。

サンライズ糸山からの来島海峡大橋

 さっそく自転車を借りて、来島海峡大橋へ!
 の前に、展望台です。

 橋を走ってしまうと橋全体を見ることはできませんので、まずは橋を見ようということです。


 来島海峡大橋は、四国と瀬戸内海の島のひとつ大島をむずぶ吊橋です。
 もちろん、この先にも本州へいたるまで橋は続くのですが、四国から最初に通る橋がこの橋になります。

 大きな橋ですが、一気に大島まで渡っているのではなく、3つの吊橋が連続しています。
 それを一気に走ることになります。

 第二橋と第三橋の下は国際航路となっていますので、大きな船が通りぬけます。
 今まで中国へ行く船で何度も橋の下を通りましたが、上を通るのは初めてです。


来島海峡展望館展望台からの来島海峡大橋

 展望台から橋の全体を見渡したら、さあ、出発。
 自転車歩行者とスクーターの入口は展望台のすぐ下です。

 自転車歩行者用の入口から入って無人の料金所を抜けると、来島海峡大橋です。

 自転車と歩行者は橋のいちばん外側の道を行きます。普通の橋と同じような感じです。
 ただちがうのは反対側がスクーター専用になっていることです。
 ですのでスクーターを気にしないで走れるということですが、橋の反対側からの景色を楽しみたかったら、スクーターに乗るしかないということです。残念です。


来島海峡大三大橋からの来島海峡大橋

 途中には展望スペースがあり瀬戸内海の島々と、そこを行きかう船を見ることができます。

 かすむ遠くの島々を見ながら、心地いい潮風に吹かれながら、ときには止まって海を見て、時には振り返って島々を見て橋を見て、のんびりと橋を走りました。

 橋は大型船がくぐれるほど高い所にかかっています。
 車はこのまま高速道路を行けばいいのですが、歩行者や自転車、原付は一般道に降りなければなりません。
 ぐるぐるとループになった坂を下って行って、やっと渡橋は終わりです。


大島からの来島海峡大橋

 そして次の伯方・大島大橋ヘ向かうことになりますが、途中は山あり谷ありスーパーあり、なかなか一筋縄にはいきません。

posted by てくてく at 00:27| Comment(0) | TrackBack(1) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

しまなみ レンタサイクル・バイク、ツーリング
Excerpt: 瀬戸内しまなみ海道沿線ではレンタサイクルを運営しています。各地区に設置された14ヶ所のレンタサイクルターミナルであれば借りることも乗捨てる事も自由なシステムになっています。 また、今治地方観光協会..
Weblog: 今治バリバリリンク集
Tracked: 2009-06-07 20:21
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。